読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナイトトレイル

朝は自分主催のサークル内イベント「パークランニングin代々木公園」でした。
 
そして夜はナイトトレイル。
 
そう、「ナイトトレイル♪」
なんか浪漫チックで素敵な響きですね(-_^)
 
けど現実は…
「漆黒の闇に包まれた森の奥深〜く。たった一人取り残されたあなたはもう、引き返すことは出来ない…振り向いてもいけない…ワハハハハ…」ってなわけで、
怖いのなんのってヽ(´o`;
闇の番人に脚を掴まれ奈落の谷底に引きずり込まれることだけはないよう祈って、泣きながら必死に走るのです…>_<…
 
自転車漕いで2時間、高尾山口に19時到着。
するとビアマウントをやってて沢山の人で賑わってるではないですか?!
想像していた暗くて孤独な山登り、と違ってお祭りのような賑やかさ。この時間でもケーブルカーを運行しているので珍しく乗ってみることに(^-^)/
 
そこから高尾山山頂までの間も何人も人がいました。
 
さて、山頂からいよいよ森へ分け入って行くのですが、先ほどまでの賑やかさが嘘のように、だぁ〜れもいなくて、光の届かない真っ暗な闇へ…。
怖いよぉ〜。・゜・(ノД`)・゜・。
頭上に空が見える場所に出るとホッとします。
 
夜露のためか地面は湿っていてツルツル滑ります。そしてやはりヘッドライトの明かりだけでは足元の凹凸も分かりづらく、下りは慎重になります。何度か滑らせますが転んだのは一回だけでした。
そして今日のところは陣馬山まで行かず景信山で折り返すことに。
 
復路は下りメインなので走りに集中。
腹筋や大臀筋に意識を集中してると、最初の恐怖の妄想は何処かへ行き、暗闇アスレチックを楽しみます(^o^)/
高尾山口までほぼノンストップ、トータル2時間半のナイトトレイルランでした♪
 
帰りは電車に自転車を乗せ酔っ払いながらのんびり帰宅♪( ´▽`)