読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LSD 走るための基礎固め

L(ロング)、S(スロー)、D(ディスタンス)の略で、「ゆっくり長く走りる」というトレーニング。


強度順トレーニング

1.ウォーキング
2.LSD、スロージョグ
3.ジョグ
4.ランニング
5.ペース走
6.インターバル走、ビルドアップ走

 

LSDの効果

毛細血管網が発達し、体の隅々まで酸素が運ばれ、疲労物質などが速やかに除去されやすくなる。

・有酸素能力が向上する ⇒ スタミナがつく!
・疲れづらい体ができる ⇒ トレーニングが継続できる!
・走り込める体ができる ⇒ ケガをしづらくなる!
ポイントは「ゆっくり」走ること。いかに楽に走るか。速く走ってしまうと効果は半減。


体の隅々に酸素を送り、疲労物質を取り除く。

更に強度の高いトレーニングで、酸素を早くたくさん運べるよう強化するその前段階。

距離ではなく、時間を目安に、60分~90分以上。