読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダイエット「低糖質食事療法」 

「低糖質食事療法」 

■糖質について。

体を作る基本的な三大栄養素、炭水化物、タンパク質、脂質
糖質とはこの中の炭水化物から植物繊維を引いたもの。
体を動かすエネルギー源は 糖質→体脂肪→タンパク質という順番で消費される、
なので糖質の多い食事をとっていると体脂肪の年商が後回しになってしまう。
また、糖質摂取により分泌されるインスリンには余った糖質を脂肪に帰る働きがある。
糖質の多い食事を続けることは、脂肪をため込んでしまうということ。


■糖質の多い食材

ご飯、パン、麺などの穀物、イモ類、果物、ビール、砂糖

少ないのは肉、魚、卵、豆腐
■低糖質食事療法のメリット 1.短期間に結果が出やすい 1日3食を低糖質にすればわずか1週間で変化がでる 2.低糖質な食材であれば量は十分食べられる
糖質の多い食材を避け、低糖質の食材を選べばいいだけで細かい計算はいらない